久々にジュンク堂に行く

妻が昨日出勤日で今日はその代休

平日の午前に2人で栄のジュンク堂に出かける

以前ほど本を読まなくなってしまい4月以来久々である

あらかじめこの本を購入する予定であった

ところが、前回にも驚いたのだが栄のジュンク堂は地下1回に集約されてしまい

どこに美術書があるのか分からないという醜態である

店員さんに案内されて「芸術 文様」という棚にいくと

心躍る本が数々あって、嬉しくなる

 

PATTERN FREAKS(パターンフリークス)

PATTERN FREAKS(パターンフリークス)

 

 ここのところ、illustratorばかりを使用してきたのだが

この本はPhotoshopと両方使用している

さっそく、自宅に帰りこんなものをつくってみた

f:id:ky823:20190610225736j:plain

 

 

詩歌と戦争

唱歌の社会史」からのつながりでこれを借りる

なかなか書き込まれた文章で自分の読解力のなさを痛感する

詩歌と戦争 白秋と民衆、総力戦への「道」 (NHKブックス)

詩歌と戦争 白秋と民衆、総力戦への「道」 (NHKブックス)

 

 何度も読み返す必要のある本で、手元に置いておきたい気がする

豊富な資料も嬉しい 新品か中古かどちらにしようか

中村図書館で借りることができた

締切目前読了

なかなかの読み応え

これまで小説というのは「あらすじ」を辿るだけの読み方をしていたように反省

文の細部?に何度も感動する

ただし、最後の結末は自分としては、それまでの気の昂ぶりからすると不満がなくはない。

短い時間のテレビドラマとはかなり違った感動を与えてくれた

 

眩

 

 ちなみに、県図書でこれを借りてきた

 

北斎娘・応為栄女集

北斎娘・応為栄女集

 

 

 

北斎まんだら

中村図書館で借りた

7月に読んだ「ヨイ豊」よりも楽しく読めた

 

青年期の信州・小布施の高井鴻山についてもう少し話が進むと思ったが

個人的には意外な結末で、続編が期待されるが・・・・

 

北斎まんだら

北斎まんだら

 

 

gendai.ismedia.jp

 

つぎはまだ読んでいない「眩」 かな?テレビで見ているが・・・・・

眩 (くらら) (新潮文庫)

眩 (くらら) (新潮文庫)

 

 これはちょっと高価だが・・・

www.facebook.com

中日新聞の書評

このところよくお世話になる

週に1回のことであるが、ネット以外での情報収集として

結構重宝する

 

今朝はこれだ

東京新聞:なぜ日本はフジタを捨てたのか? 富田芳和著:

これまでとは切り口が違っていそうで興味がある

手元にまだ未読の本が多数あるので

それが終わったら是非読んでみたい

 

本屋へ行く

三連休だが、老母のこともありそれほど遠出ができない

最終日はさすがに、栄に出た

昼食はひさびさのインダスだ

ジュンク堂ではあれこれ本を買う

ついこのあいだ大量に本を売ったくせに

またまた買いまくっているのは困ったものだ

言い訳がましく「読んでしまったらすぐ売ろうね」と言っている

 

ひと頃、自分の読んだ本を掲載することに

警戒感というか羞恥心というか

うまい言葉が見つからないが

そんな時期があった

 

今日はぜひここでも紹介したい本に出会ったので

書いておこう

曲線折り紙のデザイン

曲線折り紙デザイン

曲線折り紙デザイン

 

 妻に見せるやいなや、CD(DVD)はついてないのか?と私に言った

そこで私は帯に指さし

作品例の展開図はすべて、インターネット上でダウンロードできます

と、誇らしげに答えた

もう一冊これもあるが、店頭にはなかった

立体折り紙アート

立体折り紙アート

 

 曲線折り紙デザイン 特設ページ

 立体折り紙アート 特設ページ