3月の終わりに

先週志村さんのテレビ番組を見て嫌な予感がした

ひょっとしてこれが最後か?・・・などとあらぬ思い込みがないとは言えなかった

その内容は若いころのある女性との行き違いという内容だった

なんだか、彼がひどくダメージを受けてしまうようで少し気になった

そのことと、今日の彼の死がつながっているとは言えないだろうが・・・・

 

昼間、渥美清の「男はつらいよ ぼくの伯父さん」を途中まで視る

男はつらいよ ぼくの伯父さん - Wikipedia

一瞬だが、ナゴヤ球場付近の映像が流れる

新幹線も100系である

笹野高史がすごい役で登場していた(妻がまだ髪があると叫んだ)

それと、後藤久美子がなかなかよかった

30年ほど前の映画だ

 

夕方「葵 徳川三代」を録画して、夜中に視る

これまた20年前のTV

すでに亡くなられた蟹江さん、細川さん、津川さん・・・・・

ここでも、笹野さんが鳥居元忠で登場 驚く

 

ふり映像を立て続けに視てしまい、なんだか不思議な気分

 

さて、今日は教員の人事異動の新聞発表日である

あれだけの数の人の名前が新聞に載るのは1年でもこの時だけだ

(昔は大学合格者が掲載されていた時代もあったが)

かつてともに働いた人の栄進祝いを送りたくなる気持ちも生まれるが、自分のようなものがいまさら・・・という気持ちもあり、昨年も何名か見送ってしまった。今年はどうしようか?

 

さて、制作に関してこの日記にはほとんど痕跡を残していない

実はこの2年間実に紆余曲折の日々であり、いろいろなことをしてきた

日記に書くよりも絶えず作品に残してきたといえばよいのか?

まだまだいろいろと取り組める

振り返ることよりも今、そしてこれからをより充実させたい

 

田沼意次

 

藤田先生のつながりでこの本を読む

 はじめて知ることばかりで、驚くことが多かった

(ところで、このところスマホのアドビscanが重宝する 気になったところは、pdfで保存できる 以下もそれを使ってスマホに入れて置き、繰り返し読むことができる 借りてきた本には特に良い)

 

筆者のあとがきにはこうある

執筆の依頼をうけた田沼意次は、松平定信を中心にして寛政の改革について書いたときには、一方的に悪者として登場し、その政策は否定されるべき悪政でしかなかった。しかしそれは、松平定信寛政の改革からみた田沼意次とその政策であり、一面的な、あるいは不公平な見方にすぎない

 

田沼意次には、意次みずからが書き残したものがあまりに少ない。とくに、本人の肉声が伝わってくるような素材が決定的に乏しい。松平定信などは、老中として関係した重要な案件について、政策を決定する過程まで伝える史料をたくさん残し、さらに自叙伝や思索を伝える著述も残した。また、意次を批判する文書や風聞を書き留めた史料は豊富にある。これでは、意次と定信を比較したときに、圧倒的に意次は不利である。しかし、十八世紀の日本という時代の政治や経済のあり方のなかに、田沼意次という人物とその政策をおいてみると、また違った評価が出来る。

六00石の旗本から五万七000石の大名に、小姓から側用人を経て老中になぜ出世できたのか、そしてなぜ利益を追求した大胆な経済政策を行なったのかについて、十八世紀の江戸幕府の権力構造と江戸幕府財政問題を中心に考えてみた。十八世紀の江戸幕府の権力構造と財政問題が、田沼意次という人物と経済政策を生み出した、という風に理解しようと試みた。また、意次が活躍した宝暦から天明期、すなわち田沼時代は、国学蘭学(洋学)、儒学などの諸学問、さらに美術や文学などの多方面に多彩な文化が著しく発展し、充実した時期である。小身の旗本が大名に、そして老中になったという経歴を持つ田沼意次の政治や個性が、なにがしかの影響を社会に与えたのではなかろうかと考え、その関係を探ってみた。

自然災害(浅間山の噴火・印旛沼の工事中での大水など)への対応は少し考えさせられた

 

アマゾンの書評にもあるように、155ページの内容が考えさせられる

自然災害と凶作が相つぐなかで、ロシアとの貿易、蝦夷地の開発や印播沼の干拓などの大開発構想、国民から広く薄く資金を集め大名らに融資する「幕府銀行」構想など、きわめて大胆かつ積極的な政策を意次の主導で打ち出した。しかし、幕府政治はどこに向かってゆくのか一部に深刻な不安を与え、また、広く薄くとはいえ新たな負担をかけられた国民は激しく反発した。大胆な政策は行き詰まり、立ち往生してしまった。この政策の行き詰まりこそ、意次を辞職させ、失脚させ、田沼時代を終焉させたのである 

 

京友禅

先ほど美の壺で放映されていた

触発されてネットであれこれ探してみる

  • 型友禅
  • 手描き友禅
  • 機械捺染
  • デジタル染め

なんといっても手描き友禅の糸目糊置きというのにとても興味を持つ

様々な工程に先達の英知があふれており感動する

描いたところを染めないようにするというところがすごい

www.youtube.com


京友禅ができるまで

 

抽象画に「深いことを言ってるっぽく見えるデタラメなタイトル」を付けると評価が高くなるという研究結果 - GIGAZINE

gigazine.net

研究チームはこの「デタラメ」には世間一般で使われているような否定的意味合いが含まれていないと指摘。

論文で使われている「Bullshit(デタラメ)」という用語について、研究チームはあくまでも技術的に「人間が考えて作ったのではなく、コンピューターが生成したもの」という意味で使っているのであり、「偽物」「真実ではない」「無意味」といった意味合いは含まれていないとのこと。

 

遠山金四郎の時代

 この番組は毎回楽しみにしている

自分たちが子供のころはテレビで放映されていた

たしか中学2年のころに、予餞会でクラス演劇を披露したのだが

自分は悪徳商人役だった。父に電動鋸で小判を包みをたくさん作ってもらった

祖父が彫り物師だったので我が家には廃材や機械がまだたくさん残っていた 

さて、大河ドラマにしろテレビドラマや映画で私たちは歴史について

いろいろなことに興味を持つ反面、多少いろいろな考え方を刷り込まれているようだ

 上記の本はコンパクトにまとめられている

下記の本は、なかなか専門的なもので、原文も多く苦しかった

遠山金四郎の時代

遠山金四郎の時代

  • 作者:藤田 覚
  • 発売日: 1992/10/01
  • メディア: 単行本
 

 折も折、図書館も閉館され貸出期間が随分と延ばされたので

なかなか読み進めることができなかった 最後の一文がこれだ

結局、遠山の金さんの実像は、幕府役人的名奉行を本質としつつも、民衆の力量の成長に恐れてなされた寛政期以降の民衆支配政策の転換の過程で輩出した、「名代官」「名奉行」の一員であったということになる。

ちなみに、現在はこの本に生まれ変わっていた

遠山金四郎の時代 (講談社学術文庫)

遠山金四郎の時代 (講談社学術文庫)

  • 作者:藤田 覚
  • 発売日: 2015/08/11
  • メディア: 文庫
 

 

画廊にて かしぶち哲郎の春の庭~カンチェラーレ / Cancellare

法要のお供えを送るべく駅西のエスカで両口屋是清の千なりをおくる

先日伝えたように旅行者の激減によりエスカはガラガラ

帰りに寄り道してギャラリーA・C・Sに立ち寄る

galleryacs.amebaownd.com

実はこの展覧会についてはメールによる案内がなかったので開いているか

心配でもあったので・・・

No.436 古本有理恵展 ~ 銅版画・油彩画・ガラス絵~ | Gallery A・C・S

しばらく前までは、愛知県図書館へ本を返しに行く途中に寄っていたのだが

なかなか車を駐車できないのが苦しい

しかし、この日は車も楽勝

 

さて、展覧会は素晴らしいものであった

 

画廊主とあれこれ会話をしているとかかっている音楽に思わず反応してしまった

(いつも素敵な音楽をかけてみえるのだ)

このCDだ

カンチェラーレ / Cancellare

カンチェラーレ / Cancellare

 

 彼女によると、ある人からいただいたものらしいが

いわゆる「ジャケ好き」CDらしい

鴨井玲さんの作品だ

彼女の夫である画家 市橋安治さんは昨年の夏急逝されたのだが、

鴨井さんと親しかったらしい

No.427 市橋安治 初期の版画 1973 - '76 銅版画 & シルクスクリーン '19.07.06/Sat. - 20/Sat. | Gallery A・C・S

 

なんとあの「かしぶち哲郎」さんの「春の庭」が画廊に流れていたのだ

 「カンチェラーレ / Cancellare 」中島ノブユキ - かしぶち哲郎 | Information